MENU

足を下から上へとマッサージ…毎日の入浴後がおすすめです

むくみやセルライトを解消

 

足など下半身のむくみにお悩みの女性は多いと思います。そもそも、むくみの正体は何なのでしょうか。それは、体内の水分が体のある部分にたまってしまう状態のことをいいます。私達の体内にある血液やリンパ液の流れが悪くなってしまうときに現れるものです。正常であれば、ふくらはぎ部分の筋肉の働きで、血管やリンパ管がスムーズに動き、老廃物を上方(上半身)へ移動させてくれます。ですが、これが上手く働かないと、体内の水分が特に下半身にたまってしまい、むくみが現れてしまうのです。

 

セルライト対策

むくみの正体が分かったところで、次にその対策についてお話ししたいと思います。むくみを起こさないためにはまず、体を冷やさないことが大切です。冷えというのは血行不良につながるからです。血行不良は体内の水分の循環を悪化させますから、むくみにつながってしまいます。

 

特に冬場は気候的にも冷えやすくなります。厚手のソックスやタイツを履き、ストールなどを膝に掛けるなどして足元からあたためてあげましょう。気温の高い夏場も注意が必要です。クーラーから出てくる冷風というのは室内の低い部分にたまっていくものです。体感以上に足元というのは冷えています。職場などで座っている時間が長い場合は、冷風をさけるなどのちょっとした気遣いが必要です。

 

もう一つ、大切なのは、体に老廃物を溜め込まないことです。血行不良につながるような姿勢・生活習慣はさけましょう。特に長時間、同じ姿勢のままで過ごすことは、血液やリンパ液のめぐりを悪くします。座ったままで過ごさなければいけないときは時々、足先やふくらはぎの部分を動かしてあげると良いですよ。

 

このようなことを心掛けるだけでも、むくみは改善していきます。面倒くさいからとむくみをそのままにしておくのは危険です。セルライトがついてしまう可能性が高いからです。セルライトというのは肥満気味の方にだけついてしまうもの、という先入観があるかもしれません。ですがそれは間違いです。セルライトは痩せている方にもつくものです。

 

セルライトの原因は脂肪細胞の肥大化やむくみなどによって、血管やリンパ管が圧迫されることだといわれます。そうなると、体内の水分がある部分にたまってしまい、代謝も悪化させてしまうのです。すると脂肪細胞は燃焼されにくくなり、体内にたまった水分などが脂肪細胞に付着し、さらにコラーゲンがそれに絡まるようにして吸着することでセルライトが出来上がります。このように、セルライトが脂肪細胞であることは確かなのですが、肥満がその直接的な原因ではないのです。

 

体内の水分

むくみやセルライトを改善するには、体内の水分のめぐりを良くすることが大切で、そのためには毎日のケアが欠かせません。数日間のみ行うというのではなく、継続的な実践がとても大切なのです。無理なく毎日、手軽に行うことが出来るケアとして、足首から膝裏にかけてまでのマッサージをおすすめしています。

 

リンパの流れに合わせるように、下から上の方へと押し上げるようにマッサージします。このように、脂肪細胞を血液やリンパ液の流れに合わせてあげることで、めぐりを良くすることができます。その際、ギューッと力任せに行っては逆効果です。

 

ゆっくりと優しい感じで行ってみて下さい。イメージとしてはセルライトを丁寧に手でつぶすように…です。こうすることで少しずつ、セルライトがはがれていきます。なお、マッサージのタイミングですが、入浴後の体が温まった状態で行うのが良いでしょう。血行も良好な状態ですから効果的だと思いますよ。

 

繰り返しになりますが、毎日、続けることがポイントなのです。1日に10分、最低でも3ヶ月間は続けましょう。地道にコツコツと続けていくことで、体内の循環も良くなり、血行不良も改善するはずです。そしてそのことが、悩みのタネであるむくみやセルライトの解消へとつながりますよ。是非、試してみてくださいね。

むくみとサヨナラ


するっと小町するっと小町おすすめポイント


公式サイトへ